JPNIC
社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNIC RFC-JP
トップIntroduction to RFC(s)

Introduction to RFC(s)




[ページ目次]
- RFCの種類
- 標準化過程RFC
- その他のRFC

[章目次]
- はじめに
- RFCってなに?
- RFCの分類
- インターネット標準化過程

以下は内容は順次公開予定
- RFC-index
- RFCの読み方
- RFCの探し方
- RFCができるまで
- I-DとRFC
- RFCの歴史
- 読み物RFC紹介
- 用語集RFC一覧
- Joke RFCって?
- RFCいろいろ
- RFC関連FAQ

著者について
[はじめに]



RFCの分類

いままで説明したようにRFCは様々な情報を伝達するという役割を担っている。 そこでそれぞれのRFCには内容や位置づけに応じていくつかの分類がある。

RFCの種類

まず大まかなところから考えていこう。 RFCが扱う内容は、少し乱暴だが、
  1. インターネット標準に関するもの
  2. その他
の大きく2つにわけることができる。

前者は『インターネット標準化過程』というプロセスで処理されているRFC、 つまり『インターネット標準』を形成する文書群および その候補となる文書群を指す。標準化過程に関しては後で説明する。
これは標準化段階に応じて、
  • 標準化への提唱(PS: Proposed Standard)
  • 標準化への草稿(DS: Draft Standard)
  • 標準(STD: Standard)
の3つに分類される。

後者は、標準化過程として処理されていないRFC全般が含まれている。 現在は、
  • 情報(Info: Informational)
  • 実験(Exp: Experimental)
  • 歴史(Hist: Histrical)
  • 現状(BCP: Best Current Practice)
の4種類に分かれている。

以下でもう少し詳しく説明していこう。

標準化過程RFC

標準化過程RFCのそれぞれの性格を説明する。
標準化への提唱(PS: Proposed Standard)
標準化過程の最初の段階。
将来的に標準となるプロトコルをRFCとして公開する際の最初の段階で、 幅広く評価することが求められている。
標準化への草稿(DS: Draft Standard)
標準化過程の2番目の段階。
仕様として十分に成熟しているプロトコルである。
標準(STD: Standard)
標準化過程の最終段階。
この状態のRFCは『標準プロトコル』と呼ばれる。
これらの状態の推移過程に関しては インターネット標準化過程で詳しく説明している。

その他のRFC

非標準化過程RFCのそれぞれの性格を説明する。
情報(Info: Informational)
標準化過程としては処理されないが、 インターネット全体に広く公知することが望ましいと判断された内容 を示す分類である。 ベンダー独自の仕様や、特定の分野で既にde facto標準(事実上の標準)として 利用されているプロトコルなどが含まれる。
実験(Exp: Experimental)
インターネットに関連する様々な研究成果や実験に結果のうち、 公開して共有すべきだと思われる内容を示す分類である。
実際に用いるためには解決が必要な問題が含まれていたり、 十分な検討がなされていない部分がある場合もあるため、 研究目的以外の実装はしてはいけないことになっている。
歴史(Hist: Histrical)
既に標準であったものが別の仕様によって使われなくなった場合など、 いままで公開されていたRFCの仕様的な役割が終わった際に 利用される分類である。
主に資料としての参照するために公開されており、 その内容を実際に使うことは推奨されない。
現状(BCP: Best Current Practice)
『その時点での最良の方法』を示す文書である。 インターネットを管理していくためにコンセンサスを生成すべき内容 などを示す分類である。いままでには、 インターネット関連組織の規約や、インターネット技術に関する原則 などが公開されている。



Copyright (c) UO Youjiro All Rights Reserved.
Copyright (c) Japan Network Information Center. All Rights Reserved. | Contact